2016年9月17日土曜日

6周年


6周年はどどーんとピザ・ディナー(笑)


脳梗塞を発症して今日で丸6年が経った。
あの日以来、毎年カレンダーの9月17日という日を見ると当時の事を鮮明に思い出す。
6年経っても左半身の動かしにくさ(マヒ)はあるけど、何とか動ける事に改めて感謝する日。

秋雨前線が停滞しているとかでここの所ずーっと冴えない天気が続いていたけど、今日は久しぶりに太陽が見える良い天気・・・でも脚は相変わらず痛いし、夫も私も仕事があって出掛けられる状況じゃなかった。

一日ずっとパソコンの前でキーボードを打っていたので、夕食は楽してピザをとって6周年の祝い。
我が家ではピザは1度にLサイズを2枚注文し、残った分は冷凍しておく。これが手抜きランチにもってこいなのよね~(笑)。今回のピザは妙によく焼けていて所々焦げておりました。

さてさて、また仕事に戻らなければ。
医者に「今夜が峠です」と言われたあの晩から6年も生きられたとはね。
病気に振り回されてうんざりする事も多々あるけど、命がある限りは頑張らなきゃいかんですね。

2016年9月13日火曜日

冴えない秋再び


先週病院へ行った時はそれ程でもなかったのに、月曜以降、脚の重さがどんどん酷くなっている。
両脚におもりを付けて歩いているみたいで動かしにくい。
家事は料理しかしていないけど、立ち続けていると腿が痛くなるので休み休みでやっている。
日中も寝てばかりいるし、完全にウチ入院状態ですわ(涙)。

昨年の今頃も筋炎を再燃しかけて暫く安静にしていたけど、あの時はプレドニンを2mg増量していた。
今回はプレドニンの服用量は変わらず、ただおとなしくしているだけ・・・このまま安静にしているだけで症状が改善するのだろうか。そうなる事を期待して今はじっとしているしかない。
とりあえず次の外来までこのまま様子を見て、状態が変わらないのなら主治医に相談してプレドニンを増やしてもらうかも。私の場合、プレドニン6mg じゃ維持量として足りないのかな??


暑さが和らいで来て、これからがお出掛けに最適なシーズンなのに、昨年に引き続き今年も家の中でじっと過ごさなくちゃいけないのか。つまらんのぉ。
外出は食糧の買い出しだけ、それ以外は机に張り付いて仕事している夫の方がもっとつまらんとは思うが・・・彼が居なかったら呑気にウチ入院している事も出来ないのよね。彼に感謝しきりです。

そうそう、良い事も一つあった。
先月末に右手中指の先にできかけた潰瘍だけど、夫のアドバイスに従ってホッカイロで常に指先を温めて手袋している内に治った!!こんなに短期間で治ったのは初めてでびっくり。
服用を再開した漢方も多少なりとも効いているのかな?
せっかく治った場所に再び潰瘍を作らないよう、引き続き指先の血行を良くするよう努めよう。

2016年9月5日月曜日

外来日


前日見た天気予報では今日は終日曇りだったのに、朝から真っ青な空が広がり蒸し暑い。
早起きして満員電車に揺られて病院へ行くだけで体力をかなり消耗した。
(大量の汗をかく→汗がなかなか引かず体が冷える→指先のレイノーが消えない、の図)

尿検査、血液検査を済ませて診察室に呼ばれるまで1時間半ほど本を読んで過ごす。
入院していないと本を読むのはこの外来で待っている時だけだなぁ・・・(読もうと思って買ってある中古本は沢山あるのに)。

さて、血液検査の結果は・・・
抗DNA抗体の値はまた上昇(7.2→7.8 IU/mL)。CRPも3カ月連続で正常値より高い。
CK値はまだ正常値だけど6月から上昇し続けている。しかも上がり方が去年の夏(筋炎を悪化しかけた時)に似て急なペースで上昇している。
先月もあちこち痛くてロキソニンを飲んでばかりいたけど、やはり体で何か炎症が起きているみたい・・・そうは言っても、すぐに何かしなくてはいけないような症状は出ていないのでプレドニンは6 mg/日のまま。

8/9からプレドニンの飲み方を変えたけど、その影響が血中の抗DNA抗体にどう出ているのかは来月の外来時に分かるので(今日採血した分の抗DNA抗体値はすぐに結果が出ない)、次回その結果を見てプレドニンの量をどうするか決めましょうという話になった。

貧血に関係する項目(HGBやMCV他)の値は概ね正常値に戻ったので、鉄剤の服用は終了。
そしてまだ暑いというのにもう指先(右手中指の先)に潰瘍が出来始めたので、血行を良くする為に今年4月まで服用していた漢方薬を再開することにした。これからまた潰瘍との長い闘いだわ(涙)。

病院が終わった後は池袋で夫と落ち合い、菓子やパン、コーヒーなんかを買って帰宅。
せっかく夫に出て来てもらったけど、パルシステムの配達が午後一で来るので外で食事は出来ず。
ただの買い物だけで終わってすまんの。


今日は暑いな~と思ったら日中34度を超えていたみたい。真夏だ・・・
涼しくなったら今の不調も少しは良くなるんだろうか。
次回、抗DNA抗体の値がどう変化しているのか、早く結果を知りたい。

2016年9月3日土曜日

「回転展」 @練馬区立美術館


2015年4月にリニューアルした幻想美術動物園



前日の夜、妹から突然のお誘いメールをもらって急遽行ってきました、練馬区立美術館
ずっと昔、この近辺で働いていたのでこの美術館の存在は知っていたけど、実際に行くのは今回が初めて。

昨年4月に美術館前の緑地がリニューアルされ、天然芝の庭に32体の動物のオブジェが配置された「幻想美術動物園」になったそうで、園内に入ると巨大なゾウやキリンが目に飛び込んできた。

オブジェは子供たちが触ったり乗ったりしても大丈夫なように頑丈に作られているらしく、多くの子供たちが遊びに来ていて楽し気な雰囲気だった。




約1ヶ月ぶりにカメラを持って外出したのが嬉しくてシャッター切っていたけど、すぐに脚が重くなるし大量の汗をかいてぐったり。

とりあえず中に入ろうと妹に言われてエレベーターで2Fに上がる(1Fは図書館だった)。


本日のメインである美術展は、「しりあがり寿の現代美術 回・転・展」。
妹が勤める会社の先輩が急遽行けなくなってチケットを貰ったそうなんだけど、何ともマニアックな美術展ですな(笑)。私も妹もしりあがり氏の知識ゼロで鑑賞スタート。

「回転展」の入口。“転”の字がくるくる回っている。


会場内は一部の作品を除いて写真撮影が許可されていたので、人が少ない場所で何枚か撮った。

しりあがり寿は主にギャグ漫画を描く漫画家として知られているけど、近年は墨絵やアニメーションの手法を使ったアート作品や、色々な物を回転させるインスタレーション作品(?)も手掛けているそうな。


まぁ、何やらスゴイ世界でのっけから圧倒されるというか、笑うしかないというか・・・
説明が難しいけど、「しりあがり寿ワールド」が炸裂してました(笑)。



←『回転体は行進するダルマの夢を視る』と名付けられた作品。

台の上に載ったダルマ一つ一つがゆっくりと回転していて、それぞれが何か喋っている(しりあがり氏本人の声によるもの?)。

わ、分からん・・・




こちらは『回転派の静物画』と名付けられた作品→
もちろんこのオブジェたちもそれぞれが回転している。

額に入った絵は全部同じ絵(印刷物)かと思ったら、一つ一つ手描きされたものだそう。確かによく見ると微妙に違う。



・・・と、こんな感じで作品の殆どがくるくる回っているので、写真だとイマイチ面白さは伝わりにくいかな(全て静止画になってしまうので・苦笑)。


区立の美術館だけど展示されている作品数が予想以上に多かったので途中何度か座って休憩しながら見た。
正直、期待値ゼロで行ったけど(失礼)、妹と大いに笑って楽しめた。混んでいなかったのも良かったな。



←『縄文人の暮らし』
こちらは頭に被っている土器がくるくる回っていた。





美術館を後にし、ランチはファーストフードで簡単に済ませ、その後少し買い物。
それから休憩したくてカフェを探すも無かったので結局妹と一緒に我が家へ戻り、夫も交えて夕方まで色々話をして過ごした。

妹よ、楽しい美術展に誘ってくれてありがとう。
ずっと缶詰生活していたので今日は良い息抜きになったよ!
また小さな美術館の展覧会に行ってみたいね。

2016年8月26日金曜日

冴えない夏/麦茶の旅




お盆過ぎたら台風の影響もあってなのか、35度を超えるような猛暑日もなく、今年の夏は割と過ごしやすかった気がする・・・が、体調は宜しくない。
家にこもってゲームばかりして何もしていないのに、体のあちこちが痛い、だるい。
ほぼ毎日ロキソニン(消炎鎮痛剤)の世話になっている。
昨年の今頃は筋炎の再燃で脚が痛くて安静にしていたけど、今年も冴えないなぁ。


話は全く変わるけど、この夏は美味しい麦茶を求めてあれこれ買っては飲み比べている。
きっかけは、パルシステムのカタログに載っていた、「つぶまる」の特集記事。
麦茶の粒を砕いていない「つぶまる」で麦茶を作ると透明度の高い、麦茶本来の香りや味になるそうな。
・・・ほほう、それは一度飲んでみたいね、と試しに注文する。
作った麦茶は確かに今まで飲んでいた大手メーカーの麦茶と違って済んだ色で優しい味わい。

しかし夫も私も、「美味しいけど、虎屋のあの麦茶と比べるとあともう一歩」というのが正直な感想。
先月行った虎屋茶寮で水代わりに出された麦茶が衝撃的に美味しくて!
あれ以来、あの味を求めて麦茶の旅をしているのであります(笑)。


その次に飲んだのは有機の麦茶(ティーバッグ)・・・これは麦茶の粒が砕いてあるのでやたら色が濃くてちょっと変わった味でイマイチ。

その後夫があれこれ調べて注文したお茶が、「一保堂茶舗」の麦茶(ほうじ茶と玄米茶も一緒に)→
手軽なティーバッグタイプもあったけど、買ったのは「つぶまる」と同じ粒タイプ。

早速、袋の裏に記載されている標準的なレシピ(2Lの熱湯に麦50gを入れて30分放置)で麦茶を作る。
出来上がった麦茶の色はかなり薄く、「つぶまる」麦茶より更に雑味のないすっきりとした味。

2回目は熱湯に麦を入れた後、弱火で2分煮出してから30分放置して作ってみた。
今度は色が少し濃くなり、麦の風味が強くなった。あの虎屋の麦茶に少し近づいた感じがする・・・けど、記憶が薄まっているのでちょっと自信ない。

あの麦茶を飲みにまた虎屋へ行きたいくらいだけど(笑)、きっと夏場しか提供していないだろうから今年はもう無理だな。
虎屋はあの麦茶をどこから仕入れているのかしらね??


・・・と、何もできないのでこんな楽しみしかございません。
でも麦茶の経験値が増えたからいいか(?)。
近い内にほうじ茶と玄米茶も飲んでみよう。美味しい和菓子も必要だな♪

さてさて、久々に大きな仕事(夫の手伝い)が来たので、明日からは真面目に仕事しますよ。
もっと涼しくなって体調が良くなって来たらカメラ持ってお出掛けしたいな。

2016年8月8日月曜日

外来日(甲状腺エコー有り)




長い梅雨明け後にやって来た猛烈な暑さに外へ出る気もなく、毎日ゲーム三昧しているけど(笑)、今日は病院なので気合を入れて外へ出る。幸いにも薄曇りだったので強い日差しを直に浴びずに済んで助かった。湿度が高くて不快だけど!

病院へ着くと中はエアコンが効いて冷蔵庫並に冷えていて寒い!気温差で手にレイノーが出る。
血液検査を済ませた後、甲状腺のエコー(超音波検査)を受けた。10分程度で終了。

夏休みに入っている人が多いせいか、いつもより空いていて思ったより早く診察室へ呼ばれた。
先程受けた甲状腺エコーの結果は、「異常なし」と聞いて一安心。(←大昔に甲状腺炎で入院した事があるし、最近身内で甲状腺に異常があったので今回自ら希望して受けた)

血液検査の結果は、抗DNA抗体の値が上昇(5.8→7.2 IU/mL)、CRPも正常値より少し高めだった。
口唇ヘルペスが出来たり、手の指の関節痛で毎日ロキソニンを飲んでいるし、ここの所どうも調子が良くないなと実感しているので何となく納得の数値・・・。
主治医は「CRPが高いって言ってもこの程度なら大丈夫、気にすることないよ」と言うが、過去のデータを見ると病気が再燃する時以外でCRPが正常値超えすることは滅多になかったから何となく不安。

薬の作用時間がプレドニンより若干長い、「メドロール錠」という別のステロイド薬を併用してみようか、なんて話も出たけど・・・まずは今まで朝昼晩に各2錠ずつ服用していたプレドニン1mg錠を朝3錠、昼2錠、晩1錠にして服用する事になった。活動量の多い昼間にプレドニンの血中濃度を上げるのが狙いみたい。

前回処方してもらった、「ユベラNカプセル」は服用してから数日で薬疹(腹と腿の内側に赤い発疹)が出たので自己判断で服用を中止した事を伝えると、「じゃあ、ユベラは止めよう」って話になった。ずっと以前に飲んでいた時は何ともなかったのにな。2年前の入院時にも薬疹が出る薬が幾つかあったけど、どうも血行をよくする薬を飲むと薬疹が出るっぽい。

鉄剤を毎日服用するようになってようやく血中のヘモグロビン量は正常値になったけど、体内に十分な鉄分が貯蔵されるまでもうしばらく飲む必要があると言われたので今回もフェロミア錠を処方してもらった。

主治医に「風邪を引かないよう気を付けて」と最後に言われ、診察終了。
体調がイマイチなのでプレドニンの減量は当分ないだろうな。でも2014年に4mgまで減量した時にSLEが再燃したので私もしばらく6mgのままでいいと思っている。とにかく入院したくない!

病院の後は仙太郎へ寄ってぼた餅やら大福を買って帰宅。チカレタ。
今週末はもうお盆ですか。オリンピックと高校野球も始まったね(以前程熱心に見なくなったけど)。
1年がもう半分以上過ぎたなんて、年取るとホント時間がどんどん過ぎていくなぁ。

2016年7月29日金曜日

西洋更紗展/VIRONでランチ


東急百貨店前の交差点

今年は梅雨が長いから、明ける前にもう一度ぐらい出掛けたいな~なんて思っていたら、関東地方は昨日梅雨明けしたらしい。いよいよ猛暑の日々がやって来るのね・・・
暑いのを覚悟でおやつ調達と息抜きを兼ねて渋谷へ繰り出す。



渋谷駅の地下道を通って地上に出ると日差しが強烈!明らかに梅雨時のと違う。

夫がさす日傘の下に身を潜めて向かったのは東急百貨店の隣にある、『 Bunkamura 』。ここの美術館で開催されている、「西洋更紗トワル・ド・ジュイ展」を見る→

ヨーロッパの田園風景を描いた巨大なタペストリー、細かい植物や動物の柄のプリント生地、それらの生地を使って作られたドレスなど、様々な作品が展示されていた。



テキスタイルには関心があるので面白かったんだけど、行きにかいた汗が会場の冷房で一気に冷やされて鳥肌が消えず参った・・・激しい気温差は私の体には応える。

←美術館前の広場に大きな鉢植がいくつもあって花が綺麗に咲いていた。


鑑賞後のランチは東急の向かいにある、「VIRON 渋谷店」にて↓




念願のVIRONでランチだぜ♪と喜々として行ったものの、入り口のメニュー表を見たら食べたい物が無くて・・・
1Fで売っているサンドイッチを2Fのブラッスリーでも食べられるとも書いてあったので、結局サンドイッチを食べる事にした。

階段(→)を上って2Fへ行くと、まるでパリのお店に来たかのような(行った事ないけど)雰囲気でお洒落~。
うーん、こんな雰囲気の中でサンドイッチじゃ味気なかったかな・・・(苦笑)。







夫はローマサラミや茹で卵が入ったサンドイッチを、私はツナと野菜が入ったサンドイッチをチョイス。
これに本日のスープ(温・冷それぞれを1つずつ)をプラスして頂いた。

サンドイッチは美味しかったけど、家で時々VIRONのバケットでサンドイッチを作るので新鮮味はなかったかも。
スープ(ビシソワーズ)は量が多くて完食できず。


食後はもちろん下のフロアでお菓子やパンをあれこれ買い込んだ。
店を出ると真上から強烈な太陽光線が降り注いで気温も上がって蒸し暑い。夏だ!(←当たり前)
スクランブル交差点の写真(↓)だけ撮って再び地下へ潜り、電車に乗った。

本日も大勢の人で溢れていました



帰りに途中下車して伊勢丹新宿の地下へ行き、以前から食べてみたいと思っていたジェラート(→)を食べて休憩してから、カカオシュトゥーベと仙太郎で少し菓子を買う。

仙太郎の和菓子はどれも美味しくて最近よく買っております(←気に入ると立て続けに買う性質・笑)


毎度毎度、最寄り駅に到着してからウチまでの道のりが長~く感じるワタシ・・・夫が言うには、「ウチは駅近物件だぞ」だそうですが。駅直結マンションに住む人が羨ましい~(笑)。


汗だらだらで何とか帰宅し、買って来たケーキ(↑)とカフェオレでようやくリラックス~♪
今回私が食べた、「ソレイユ」と名付けられたケーキはパッションフルーツのムースの上にオレンジがのった物で、めっちゃ好みで美味しかった。爽やかで夏にぴったり。やるなぁ、VIRON!

万歩計は8,090歩をカウント。
迷路のような渋谷駅の地下と伊勢丹の地下を歩いただけだけど、汗かいたせいか妙に疲れたな。

早いもので7月ももう終わり。
おやつのストックは確保したし、来月は家でおとなしく缶詰生活します!